つり革に関する写真、情報。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年10月11日 (土) | 編集 |
藤吉さん(HP)よりハンガリー・ブタペストの地下鉄つり革写真をいただきました。

Budapest_1.jpg
色:茶色
形状:楕円(ゴム)
長さ:普通
状態:ほどほど
付記:吊りバーがなく天井から直接ぶら下がっている姿は、
ここが異国の地であることを十分感じさせてくれます。
配置について、手前はともかく奥の4本の近距離っぷりは他に類を見ません。
日本と違いドア前でも同じ長さで貫く姿には潔さを感じます。
1896年に開通。世界で2番目に古い地下鉄(1番はロンドン)だそうです。



Budapest_2.jpg

さわるとどんな感触なんでしょうか。


Budapest_3.jpg

車両。

Pudapest_4.jpg

自動券売機。スペースを広々と利用していますね。


Budapest_5.jpg

大通り沿いにある地下鉄入口。


<関連資料>
ヨーロッパ大陸で一番古い地下鉄1号線
いろいろ写真。

ブダペスト地下鉄 BKV - Metro' ハンガリーの鉄道
概要、写真など。

また、藤吉さんからのメールにあったつり革のエピソードが素敵だったので紹介いたします。

------------------------------------------------------
 ぼくは元もと愛知県名古屋市近郊の出身で、祖父母を訪問する
のに名鉄電車(新名古屋駅~新岐阜駅を結ぶ路線)を利用してい
ました。各駅停車とか準急とか古めの列車に乗ると、カーブなどで
けっこう横揺れがあって、空いてる時間帯だと、車両全体の吊り革
(の輪っかの部分)がその振動に合わせて網棚の金属パイプに(左
右交互に)一斉にぶつかって、バシャーン!バシャーン!とリズミカ
ルな騒音を出していたというシーンを思い出しました。だいたい1970
年代半ばのことです。
------------------------------------------------------

私も小さい頃どうやっても届かないつり革を見上げてた記憶があります。


藤吉さん(HP)貴重な情報本当にありがとうございました。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。