つり革に関する写真、情報。
2008年06月27日 (金) | 編集 |
DSC02019.jpg


色:茶色
形状:丸型
長さ:長い
状態:歴史を感じる古さ
付記:そのときの携帯のメモによると「ばーがもてない」とありました。
初めてバーが握れないつり革に出会いました。それだけで十分衝撃ですが、
ミカミに続く謎の文字発見もありました。


DSC02006.jpg
801系。雰囲気抜群。
デハ801(銚子電鉄標準塗色)
元はなんと伊予鉄道を走っていたのだそうです。



DSC02020.jpg
Mのマーク。やはりミカミのMでしょうか。



DSC02021.jpg

「 TOKYO MIZUKOSI 」
これははじめてみました。調べても何もわかりません。東京 みずこし・・・。


DSC02023.jpg

広々とした間隔。


DSC02024.jpg

かなり高い位置から吊り下がっていることが分かります。


DSC02026.jpg

少しですがそれぞれ曲がっています。


DSC02001.jpg

終点外川駅


DSC02009.jpg

味ありまくり。



DSC02004.jpg

ユ101。「ユ」は「遊覧」のユらしいです。残念ながらつり革は見当たりません。


DSC02011.jpg

デハ1000形 - 1002。元営団地下鉄。

DSC02012.jpg

色:濃い灰色
形状:円形
長さ:短い
状態:やや汚い
付記:おにぎりでたとえるならツナマヨネーズ。パンならアンパン。それくらい鉄板のつり革です。

JR常磐線と同じタイプ。

DSC02013.jpg

ミカミとのコンボ完成。たまらない。

DSC02014.jpg


DSC02015.jpg

控え目の4個。


DSC02027.jpg

ラッピング電車。

DSC02031.jpg

デハ101。現在は倉庫になっています。

DSC02034.jpg

色:茶色
形状:丸型
長さ:長い
状態:歴史を感じる古さ
付記:基本的に冒頭に取り上げたものと同じです。照明部分が違います。内側から光を当てるので、窓側に影ができるのではと考えます。一体どんな影ができていたのでしょうか。とても興味深いです。





<参考>
銚子電気鉄道
2008年06月25日 (水) | 編集 |
DSC01960.jpg

色:ねずみ色
形状:円形
長さ:短い
状態:味わい深い
付記:のどかな田舎の風景の中を走るだけあって、優しさいっぱいのつり革となっています。
ところ狭しと規則正しく並ぶつり革は単線、一両の雰囲気に溶け込んでいました。



DSC01983.jpg

黄色がまぶしい。

DSC01977.jpg

つり革よにっては若干回転している。歴史のいたずらか。

DSC01963.jpg

謎の「玉」マーク。要調査。

DSC01965.jpg

真下からパシャリ。

DSC01967.jpg

つり革inつり革。

DSC01949.jpg

非常に趣き深い駅ホーム。

DSC01950.jpg

ホームその2。

DSC01951.jpg



DSC01959.jpg

灰ザラ。


DSC01981.jpg

ワンマンでございます。


いすみ鉄道 - 公式サイト
2008年06月03日 (火) | 編集 |


色:茶色
形状:円形
長さ:やや長め
状態:割と良い。結構奇麗。
付記:実は近鉄名古屋線の続きがあったりします。こちらは各駅停車。シンプルで素朴、飾りっ気の無い作り。これぞ各停らしい吊革。



整然と並ぶ吊革。心なしか吊革と吊革の間隔が狭いような。



ドア付近は短め。車両と平行に備わっている吊革にも関わらず、ドア前に6つ設置できていた。無駄のない配列。



座席に座って見上げながらパチリ。



車体。白塚駅は三重県津市の駅。

※参考
近鉄名古屋線 - Wikipedia
近鉄電車ホームページ路線図