つり革に関する写真、情報。
2007年03月26日 (月) | 編集 |
20070131231736.jpg

前回にひきつづきのJR東日本常磐線です。

色:濃い灰色
形状:円形
長さ:短い
状態:やや汚い
付記:かなりの使用感。熟したもののみが放つことのできる圧倒的なオーラが出ている(かも)。

20070131231731.jpg
窓のさっしを伝うラバー(らしきもの)の黄ばみがたまらない。


もうひとつ紹介します。

20070131231718.jpg

色:灰色
形状:三角
長さ:普通
状態:ネバツヤ
付記:革の部分とワッカの部分の統一感に嫉妬。

20070131231722.jpg
座席前。


ひとつ疑問が。

20070131231726.jpg

果たしてこれは常磐線?なのでしょうか。日比谷駅でみたため。

20070131231707.jpg


20070131231713.jpg
激走。
2007年03月15日 (木) | 編集 |
前回の続きです。

吊革で作ったおむすびは、不安定なためすぐに倒れてしまいました。これではおむすびとして役に立ちません。そこで、



です。2つならできるはず!



もう1つ同型の吊革を用意。再びおむすび作り開始。



気合いで具を押し込みます。



そして2つ目の吊革を重ねます。ちなみに今回の具は鮭。



丁寧にもう1つのおむすびを形取ります。これで完成。さあ、緊張の一瞬。



立った!立ったよ! 安定感抜群。



横から見てもバッチリ。完璧なおむすび。今回の調査で、やはり吊革は万能であることが証明されました。

そして番組の最後に吊革ファン垂涎もののプレゼントが。



銀河万丈サイン入り吊革!(既に応募締め切りは過ぎてます)
2007年03月11日 (日) | 編集 |


フジテレビ毎週木曜深夜の「FNS地球特捜隊ダイバスター」にて「吊革でおむすびを作る」というのを調査していたので、紹介します。



まずは吊革を煮沸消毒。



お米が炊けました。吊革に使うだけの分量を取ります。



数ある吊革の中で選ばれた吊革は三角型。やはりおむすびは三角ですからね。慎重にご飯を押し込む。押し込む。



しっかり押さえて丁寧に。



ユリッペとジュンペイも緊迫の表情で見守る。



仕上げに梅干しを埋め込む。できた! 後は置くだけ。



吊革からおむすびを抜き取り、慎重に置きます。



立つには立ったけど不安定だ! 倒れそう!



ついに倒れてしまった! どうする!?



興醒めな事態に、ユリッペとジュンペイもシラケ顔。ピンチ! やはり吊革でおにぎりは作れないのか!?

以下次回へ続きます。
2007年03月06日 (火) | 編集 |
IMG_0383.jpg

moke2さんから投稿を頂きました。JR東日本常磐線のE531系電車です。

色:黒
形状:長い三角形
長さ:短い
状態:綺麗
付記:吊革の新時代到来を予感させるフォルム、色。吊革の"革"の長さを控えめにするかわりにワッカの部分をのびのびと伸ばした攻めの逸品。新しい持ち方のバリエーションがぐっと増えそうな予感。


IMG_0375.jpg
黒。しっとりとした大人の雰囲気漂う車内。

IMG_0397.jpg

IMG_0374.jpg


JR東日本E531系電車 - Wikipedia

moke2さん投稿本当にありがとうございました。