つり革に関する写真、情報。
2016年03月11日 (金) | 編集 |
P1030009.jpg

色:白
形状:丸
長さ:普通
状態:使い込まれている
付記:屋久島行きの飛行機へ乗り込む際に乗ったバス。旅行の途中で出会うつり革は格別です。

P1030010.jpg
等間隔

P1030011.jpg


P1030012.jpg
痛恨のミス

P1030007.jpg
初めてのプロペラ機でした。
2013年08月16日 (金) | 編集 |


色:白。革は薄茶色。
形状:丸
長さ:やや長め
状態:古いが良い
付記:埼玉県の大宮にある鉄道博物館に行ってきました。こちらの「キハ41000形式気動車」は1933年製造(今からちょうど80年前!)で、初の本格的な大型ガソリンカーとのこと。国鉄で廃車後、遠州鉄道、筑波鉄道などで使用されていたと紹介されています。



外観はこんな感じ。かわいいです。



吊革のアップ。メーカーは確認できずでした。



車内の様子。木を基調にした作りは非常に味わいがあります。「吊革には触らないでください」という注意書きがありました。もちろん触れることなく楽しませていただきました。

鉄道博物館では、こうした古い車両から新幹線まで、時代の変遷を存分に体感できます。御料列車のように入れない車両もありましたが、基本的には乗車でき、往時の車内が偲ばれます。原っぱに設置してある列車内では食事も可能で、旅行気分も味わえます。この至れり尽くせりの博物館、吊革好きだけでなく鉄道好きであればぜひ一度訪問を。

■参考資料
鉄道博物館
Wikipedia - 国鉄キハ04形気動車
Yahoo!画像検索 - キハ41000形式気動車
2013年01月06日 (日) | 編集 |
DSC02065.jpg

色:白
形状:丸
長さ:やや短い
状態:普通
付記:全体を白でまとめている。そこに錆びて茶色になった金具がワンポイントとなり非常に綺麗。



DSC02067.jpg
金具

DSC02066.jpg
「サカイ」

青森県八戸市の南部バスと同じ。


DSC02068.jpg
運賃表と吊革。


DSC02069.jpg


DSC02070.jpg



DSC01995.jpg
全景





大きな地図で見る



■参考資料
銚子観光 ちばこうバス
千葉交タクシー - Wikipedia

2012年11月02日 (金) | 編集 |
P1000117.jpg

色:白、ベルト部分は薄緑
形状:五角形
長さ:短い
状態:普通
付記:バスと同じテーマカラー(薄緑)を使って統一感を出している吊革。
なんともオシャレ。


P1000118.jpg
ミカミ5


P1000119.jpg
意外に広告が多い。
そしてそれに溶け込む吊革。

P1000120.jpg




大きな地図で見る



■参考資料
市バスについて/京都市  交通局  営業課

2012年09月30日 (日) | 編集 |
P1100432.jpg

色:白、ベルト部分はグレー
形状:丸
長さ:短い
状態:普通
付記:シンプル!



■地図

大きな地図で見る



P1100427.jpg
吊革並び



P1100431.jpg
車内
吊革の長さが揃っている。


P1100529.jpg
ミカミ4 です。



P1100424.jpg
バス正面から
オレンジを基調とした外観が美しい。



P1100425.jpg
バス横から



P1100426.jpg
バス後ろから


P1100422_20120930172255.jpg
奥多摩駅



P1100419.jpg
奥多摩駅前バスターミナル





■参考資料
西東京バス - 路線バス - 路線バスのりば - 奥多摩駅
2011年09月25日 (日) | 編集 |
DSC02167.jpg

DSC02168.jpg

色:白、薄い灰色
形状:丸
長さ:短い
状態:普通
付記:極めてオーソドックスな吊革です。しかし「サカイ」という刻印をはじめてみました。手垢感もいいかんじ。
まだまだ広がる吊革世界です。



DSC02165.jpg

DSC02166.jpg

DSC02170.jpg

吊革のそばで点灯する「とまります」ボタン




<参考資料>
南部バス株式会社
バスや電車の吊り革はどんな会社が作っているのでしょうか? | OKWave
愛知県でも「サカイ」を見かけたとの記述あり
吊革ブログにおける「ミカミ」の検索結果
2009年07月20日 (月) | 編集 |
DSC04141.jpg

色:ねずみ色
形状:丸
長さ:短い
状態:綺麗
付記:学生時代よく利用していた国際興業バス。思い入れもひとしおです。
やはり朝晩以外はあまり使用されていません。

DSC04142.jpg
向きが微妙にバラバラ。
坂が多いため、時に大きな力がかかり
曲がってしまったのでしょうか。


DSC04144.jpg

DSC04145.jpg


DSC04152.jpg


国際興業バス
2009年06月27日 (土) | 編集 |
DSC06858.jpg

色:白(帯はねずみ色)
形状:丸
長さ:やや短い
状態:くたびれている
付記:万感の思いを胸に秘め、いざ日本一の高みを目指す者がつかむ。
はたまた、己のすべてをぶつけ、下山した者が満身創痍の体を預ける。
まさにそれがこのつり革である。



DSC06857.jpg


でも下山ならつり革さんのお世話にならず、座りたい・・・かな。。。


DSC06859.jpg


K です。

ちなみに背景は富士山5合目。


DSC06861.jpg



御殿場口からの登山は登頂まで最も時間がかかります。約7~9時間。



参考
御殿場市観光協会|富士登山|御殿場口
2009年05月08日 (金) | 編集 |
DSC04655.jpg

色:茶色
形状:丸
長さ:短い
状態:使い込まれている
付記:2点支持。実際ものすごい安定感でした。
雪道を走るため、急な揺れにも耐えられるようにとのことでしょうか。
興奮してしばらく外の雪景色を見るのを忘れていました。


DSC04656.jpg



DSC04657.jpg

固定部分。斜めにしても大丈夫なように工夫がなされている。

DSC04654.jpg

旭川駅前のバス停。

DSC04659.jpg


この後旭山動物園で癒されてきました。

&h3f3fさんからも情報をいただきました。
旭川電気軌道バスのつり革 - 別冊 つなわたり/ロープウェイに乗ろう
感謝です!


参考
旭川電気軌道株式会社
2008年03月15日 (土) | 編集 |
DSC08356.jpg

色:薄いねずみ色
形状:円形
長さ:やや短い
状態:綺麗
付記:電車に比べて若干華奢。固定の仕方なども非常にシンプルで好感が持てます。

DSC08357.jpg


DSC08354.jpg


小田急バス