つり革に関する写真、情報。
2010年08月22日 (日) | 編集 |
Pict0324.jpg

色:白
形状:三角
長さ:普通
状態:普通
付記:友人のTさんからいただきました。すごく丁寧なコメント付きだったので
極力そのまま掲載します。カッコ内は私のコメントです。



Pict0318.jpg

これは地下鉄の切符売り場。まず、行きたいところをタッチするとお金が表示されるので、お金をいれます。そしたら、カードみたいなものがでてきたんだけど、それが1シンガポールドルとられているらしい。降りるときにまたこの機械に返せば戻ってくるらしいんだけど、そんなことを後で知ったので、私の手元に結局ある。




Pict0320.jpg

改札。自動改札で、さっきの切符カードをぴってやるのも日本と同じ。ドアが三角。
(面白いドアの形です)


Pict0321.jpg

シンガポールは転落防止になっていたので、電車は撮影できず。


Pict0322.jpg

一応電車。見えるかな。

(見えます)

Pict0323.jpg

いよいよつり革。電車のドアとドアの間の真ん中にあるんだよ。つり革自体はふつうだけど、つり革とつり革の間に広告があるよ。広告なのかもわからないけど。

(確かにわかりませんが、すごい数ですね)

Pict0325.jpg

電車の中全体

Pict0326.jpg

また拡大。色白。大きさ普通。形三角。長さ普通。

(これ言われると私の立場がほぼなくなります)

Pict0327.jpg
路線図。ちなみに地下鉄のことMRTというらしい。市内要所を結ぶ。
あと、さっきの自動発券機をGTMというらしい。各駅にNS22などという、駅名のほかに路線の略と番号が載っている。私はノース・サウス・ライン(NS)にのったっぽい。


Pict0328.jpg

おまけ

(ご褒美です。ありがとうございます)

Pict0329.jpg

手すり。この手すりと手すりの間につり革がならんでいるよ。日本にはないのでおもしろいよね。
ちょっとでも貢献できたなら幸いです。


Tさん本当にありがとうございました。
2007年07月04日 (水) | 編集 |
keb.jpg

エスさんからホットな投稿をいただきました。韓国ソウルの地下鉄です。

色:黒
形状:三角
長さ:普通
状態:艶々
付記:地下鉄全路線共通の吊革。縦に曲げがいのあるバネで接続されているので両手でひとつずつ吊革を掴んでちょっとした運動も可能(やってる人はいませんでしたが)。


↑とのこと。なんとバネ!バネて!いつかは体験してみたいものです。バネの力具合は硬すぎず、ゆるすぎずと絶妙な塩梅なのだそうです。広告、バー、路線図等見る限りでは日本に近い感じがするだけに、吊革の魅力が一層伝わってきます。エスさんありがとうございました。

参考
韓国ソウルの交通 - KONEST
2007年06月29日 (金) | 編集 |
IMG_0419.jpg
yanaさんより素敵つり革投稿がありました。タイの高架鉄道BTSのつり革です。

色:赤
形状:楕円型
長さ:普通
状態:綺麗
付記:柔らかすぎず、かといって硬すぎず手に素直にフィットする。そのため丸型つり革のように強く握ると手の縁が痛くなるということは(あまり)ない。また形に目を奪われがちだが日本ではなかなか見ることがない刺激的な赤色も実に魅力的。

IMG_0422.jpg
車内は日本に比べてやや狭い(低い?)。

IMG_0436.jpg
テレビ。

IMG_0423.jpg

バーが円形。つり革の間隔は日本に比べて非常にゆとりがある。

IMG_0421.jpg
握り方はオーソドックスパターンが大勢を占めている(らしい)。

IMG_0034.jpg
車両


IMG_0417.jpg
駅。さっぱりとしてて綺麗。

----------------------
おまけ タイ国鉄

IMG_0083.jpg


IMG_0080.jpg
アユタヤ駅
バンコクから電車で1時間半から2時間くらいの距離にある観光地で、遺跡が有名。

IMG_0081.jpg
ホーム。段差がないため迫力満点。



yanaさん貴重なレポートありがとうございました。

参考
BTS - タイ国政府観光庁
アユタヤ写真