つり革に関する写真、情報。
2013年11月20日 (水) | 編集 |
Pict0297.jpg
色:茶、白
形状:円形
長さ:とても短い
状態:普通
付記:Tさんから提供いただきました。ありがとうございます。
車両の端だからつり革が短いのでしょうか。全て短い電車はもしかすると見たことがないので妄想膨らみます。

Pict0296.jpg

参考
名鉄広見線 - Wikipedia
名鉄小牧線 - Wikipedia
2013年03月31日 (日) | 編集 |
200908201219000_20130330222412.jpg

色:肌色
形状:丸
長さ:長い
状態:普通
付記:投稿いただいたものです。
座金の位置が非常に高いです。そのため輪っかをかなり自由に動かし遊ぶことができそう。


200908201219001_20130330222412.jpg



200908201159000.jpg



200908201144000.jpg


■参考資料
三岐鉄道公式ホームページ
三岐鉄道北勢線 - Wikipedia


大きな地図で見る
2010年05月01日 (土) | 編集 |
200908201219000.jpg

色:薄い茶
形状:円形
長さ:とても長い
状態:普通
付記:るねさんからいただきました。帯が非常に長いです。
天井付近から吊り下げるパターンは長くなりがちです。
つかまったときの自由度が高く、前後左右に動かすと
思いのほかぐりんぐりんして楽しい気持ちになれます。


200908201207000.jpg

夏季だったのか扇風機が回っています。
京成線 北総鉄道北総線のつり革にもどことなく似ています。


200908201219001.jpg

圧倒的戦力で車両を支配するつり革。

三岐鉄道北勢線は軌間(レールの間隔)が
一般的なものと比べて短く
珍しい路線なんだそうです。

心なしか車両も狭い気がします。
いつかこのつり革につかまり
景色を楽しんでみたいものです。

るねさん本当にありがとうございました。



参考
三岐鉄道公式ホームページ
三岐鉄道北勢線 - Wikipedia
2008年06月03日 (火) | 編集 |


色:茶色
形状:円形
長さ:やや長め
状態:割と良い。結構奇麗。
付記:実は近鉄名古屋線の続きがあったりします。こちらは各駅停車。シンプルで素朴、飾りっ気の無い作り。これぞ各停らしい吊革。



整然と並ぶ吊革。心なしか吊革と吊革の間隔が狭いような。



ドア付近は短め。車両と平行に備わっている吊革にも関わらず、ドア前に6つ設置できていた。無駄のない配列。



座席に座って見上げながらパチリ。



車体。白塚駅は三重県津市の駅。

※参考
近鉄名古屋線 - Wikipedia
近鉄電車ホームページ路線図
2008年05月06日 (火) | 編集 |
kinte2.jpg

色:茶色
形状:円形
長さ:やや短め
状態:割と良い。結構奇麗。
付記:近鉄名古屋駅発の急行松阪行きですが、松阪へは行きませんでした。

kinte1.jpg

車体。逆光で少し暗くなってしまいました。

kinte3.jpg

ドア付近。

kinte4.jpg

全体の様子。座席はボックス席です。そのため、座席部分は中央の通路に合わせる形で吊革が配置されています。吊革を固定するパイプが、中央にせり出す形で斜めに支えられている事が分かります。ボックス席ではありますが、ラッシュ時は吊革が必要になるほどの混雑ぶりということでしょうか。

kinte5.jpg

吊革in吊革。

※参考
近鉄名古屋線 - Wikipedia
近鉄電車ホームページ路線図
2006年11月04日 (土) | 編集 |
PA010007.jpg


色:ベージュ+白
形状:丸
長さ:長い
状態:普通
付記:天井から直吊り

PA010005.jpg


PA010010.jpg


PA010011.jpg


参考
名古屋鉄道
中部国際空港
2006年10月29日 (日) | 編集 |
010002.jpg

色:ベージュ+白
形状:丸
長さ:普通
状態:普通
付記:広告付き

010003.jpg

愛知らしい中部日本放送カラダのキモチの広告。

010001.jpg


参考
名古屋市交通局