つり革に関する写真、情報。
2017年08月26日 (土) | 編集 |
kix_shattle2.jpg
色:灰色
形状:5角形
長さ:短い
状態:普通
付記:イタリアフィレンツェのつり革を送っていただいたハギワラさんから関西空港ウイングシャトルのつり革を頂きました。
ご本人のコメントは「どこにでもあるつり革って感じでした」。

国際空港から海外に出かける方や戻ってこられた方にとって「どこにでもあるつり革」の存在はある意味頼もしいかぎりだと思います。ハギワラさん本当にありがとうございます!

kix_shattle.jpg

ウイングシャトル - Wikipedia
2011年12月04日 (日) | 編集 |
DSC02448.jpg

色:白、茶色
形状:丸
長さ:短い
状態:普通
付記:リコ式とストラップ式を組み合わせた日本で唯一?見られる吊革です。バネが内蔵されており、使う時だけ引き下げて利用します。

引き下げ系吊革では知人に教えていただいた韓国ソウルの地下鉄がありますが、今回ようやく自分でバネ感を味わうことができました。

余談ですが、リコ式という名前はアメリカのリコ社で開発されたことからきているそうです。

DSC02447.jpg

正面から見ると宙に浮かんでいるような不思議なシルエット。


DSC02446.jpg

使うときだけ引き下げる仕組み。
ドア前も有効に使えます。


DSC02451.jpg

引っ張ってみました。硬さも丁度良く、スムーズにおりてきました。


DSC02452.jpg

付け根のバネ部分。特許を取得しているそうです。




DSC02449.jpg

ミカミ 9


DSC02445.jpg


はじめての吊革にホクホクしました。


参考
京阪本線 - Wikipedia

2010年11月27日 (土) | 編集 |
tikumaru001.jpg

色:灰色(帯部分)
形状:楕円
長さ:短い
状態:かっこいい
付記:

なんと「吊革ブログの吊革」つまり「吊革ブログ吊革」が誕生いたしました。

平成筑豊鉄道の「つり革オーナー制」というサービスがあり、
友人たちが私の誕生日にプレゼントしてくれました。

シンプルかつ熱いメッセージ付きです。


「吊革持つならへいちくで!」
★「吊革ブログ」で検索★



ブログのアクセス解析によると
「吊革ブログ」の検索数は直近一ヶ月で3回。

きっとこの吊革メッセージを見てくださったり
熱く絆された結果に違いないと思っています。思います、はい。


3281313634_ea6bfe1191_o.jpg

車両にズラリ並びます。
それぞれ思いがこもった吊革たちが


ブログを2006年にはじめましたが、
こんなことになるとは夢のようです。


3281313778_d7374b1c93_o.jpg

裏側



P1010081.jpg

1本年間5000円で応募すると1日フリー切符、
吊革オーナー会員証がもらえます。

--
募集要項【PDF】
平成筑豊鉄道を応援する「つり革オーナー制」出発 : 九州発「鉄道ひろば」 : 九州旅行情報 : 九州発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
--


3281313482_e6367500d0_o.jpg

マスコットキャラの「ちくまるくん」が目印。

見学に行く場合、電話で問い合わせしておくと、
運行時間を教えてもらえます。


3280493513_163dbcb020_o.jpg

その他の車両はいたって普通。
ゆったりくつろぐ学生達。
きっといつもの光景なんでしょうね。

3280492823_765a2bd3f6_o.jpg

駅「さいがわ」


3280492881_d0695b5eae_o.jpg

線路


3281313136_61b40ae116_o.jpg
行橋駅


実はこの「吊革ブログ吊革」1年延長しており2年目に入っています。
以前の誕生日には吊革パンを頂いたこともあり、
友人達には頭が上がりません。




<参考>
平成筑豊鉄道 沿線情報サイト【へいちくネット】 福岡県筑豊地方を走る観光と地域の足
ちくまる (平成筑豊鉄道キャラクター) (chikumaru) on Twitter

2009年06月13日 (土) | 編集 |
前回に続きTAKAさんよりいちご電車です。

DSC00183.jpg
色:茶色(帯は白)
形状:丸
長さ:普通
状態:綺麗
付記:以前の携帯レポートから感じられたただならぬオーラが改めて実証されました。
真っ白い帯に渋い茶色。お互い仲良くしつつも決して馴れ合いにならない絶妙なバランスです。




DSC00184.jpg


DSC00195.jpg



DSC00187.jpg


DSC00186.jpg

中刷り広告もイチゴ一色。




DSC00185.jpg

座布団クターなってます。
味わい深い。




DSC00194.jpg

シート。


DSC00189.jpg



DSC00209.jpg



DSC00205.jpg



DSC00203.jpg



DSC00179.jpg

外観。白に赤。



DSC00217.jpg



参考
吊革ブログ いちご電車 - わかやま電鉄貴志川線
前回のレポート。


わかやま電鉄 貴志川線

2009年06月07日 (日) | 編集 |
TAKAさんからつり革写真をいただきました。


DSC00068.jpg

色:茶色を中心とした木の色(帯は白)
形状:丸
長さ:やや長い
状態:綺麗
付記:上品なつくりの吊革。木製っぽく見え、非常に暖かい雰囲気。
わかやま鉄道のキャッチコピー「日本一心豊かなローカル線になりたい」
つり革を見るだけでもひしひし伝わってきます。





DSC00066.jpg

それぞれ若干色が違います。





DSC00078.jpg

車内全景。




DSC00070.jpg

いたるところに駅長。

「触らないで危険」のマークも猫の手





DSC00065.jpg

駅長がいちいちかわいすぎる。

なので、吊革の存在感がやや空気。。。




DSC00073.jpg

どことなくレトロな雰囲気。




DSC00062.jpg

日よけ。




DSC00084.jpg

かご。



DSC00080.jpg

シートも何種類かあり、個性的。


DSC00094.jpg

外と中の絵がシンクロしているようです。

細かいなぁ。



DSC00079.jpg

ゆったり座れそう。


DSC00085.jpg

ランプも駅長。

「やぁ、よくきたね」






DSC00076.jpg

グッズ紹介。

あ・・・れ・・?

ほとんど吊革紹介してません。




DSC00123.jpg

駅長登場。


おとなしいです。




DSC00161.jpg

「タハー。」



DSC00139.jpg

ポスター




DSC00096.jpg

外観。


TAKAさん、とても綺麗でたくさんの写真ありがとうございました。
とても癒されました。



参考
駅長のたま
わかやま電鉄 貴志川線
2009年04月01日 (水) | 編集 |


色:茶色
形状:丸
長さ:やや長
状態:綺麗
付記:オーソドックスで基本に忠実な作り。綺麗な白円と、光沢のある広告スペースが眩しい。そして、向こう側の窓ガラスに映り込む吊革たち。



こちらが短いタイプ。かわいらしいです。



ドア付近の作り。よく見ると内側に向かってバーが伸びていて、そこに吊革がぶら下がっています。そしてこれぞ、吊革を持つと下に降り、使わない時は跳ね上がる「リコ式」という形式の吊革。詳しい解説はリンク先をご覧ください。

この京阪電車の写真は去年撮ったのですが、実は……、



機関車トーマスと京阪のコラボ企画車輌!でした。狙ったわけではなく、たまたま乗った電車だったので、実にラッキーでした。なお、このラッピング電車は今年の1月末くらいで終了したとのことです(毎年行っているそうですが、次回はまだ未定みたいです)。こちらのサイトで詳しくレポートされています。

ちなみに前半の写真の風景が暗いのは、地下を走っているからです。京阪本線は京都市内の半分以上は地下を走っています。今回は伏見稲荷に行ったので、地下→地上というルートでした。



座席までもがこんな感じ。つり革も心なしか楽しげ。



ラッピングは電車全体に施されていました。



見づらいですが、電車の顔部分にもトーマスが。東京でも走って欲しいなー。あと、伏見稲荷駅は柱が朱塗りでした。稲荷風…でしょうか。


参考
京阪電気鉄道
京阪電気鉄道 - Wikipedia

2008年11月07日 (金) | 編集 |
めぐみさんよりいただきました。

081028-200703.jpg

色:紺色
形状:丸型
長さ:やや長い
状態:ピッカピカ
付記:紺色です!車内にしっとりしみこみなじんでいます。こういう色もいいですね。
帯は比較的長いようです。めぐみさんありがとうございました。


京阪電車 中之島線公式サイト


2007年05月31日 (木) | 編集 |


色:茶+白
形状:丸
長さ:やや長め
状態:なかなか良い
付記:やや長いが予想よりは短かった。茶色の革がシックな装い。



隣に短い子が。



手前と奥では、長い吊革と短い吊革の数の比率が違う。手前は短い吊革が多い。

そしてよく見ると座席の側面にも毛が生えている。木目調の内装と相まってレトロ感が漂う。



車両の外からの眺め。



参考
阪急電鉄
2007年05月22日 (火) | 編集 |


色:グレー+白
形状:丸
長さ:長い
状態:良い
付記:関西方面は長めが多い。座ったままでも吊革を掴めたが、以前紹介した阪急嵐山線のが長かった。



ドア付近。さすがにこちらは短い。



よく見ると長さがまちまち。谷型になっているように見える。



長中短の3段階であることが分かった。



参考
近鉄電車

2006年10月05日 (木) | 編集 |
VFSH0042.jpg
色:茶色(木目?)
形状:変則円形
長さ:普通
状態:綺麗
付記:友人の携帯より。なので写真から詳細は感じ取り難いが、円形にしては珍しく回転しないような工夫がなされている。のどかな風景の中を走る2両の電車、実にキュートである。通称いちご電車。

VFSH0041.jpg
車内雰囲気。
VFSH0040.jpg
あまーいシート。
20061005224308.jpg
いちご電車ではない普通の車両の吊革。

関連リンク
和歌山電鉄 貴志川線 いちご電車
貴志川線に乗ろうよ!
和歌山電鉄 魅力発見スペース
いちご電車乗車レポート