つり革に関する写真、情報。
2012年12月02日 (日) | 編集 |
P1000414_20121202153119.jpg

色:白、ベルト部分はベージュ
形状:丸
長さ:短い
状態:ややくたびれている
付記:日本三大奇景と呼ばれる寒懸渓(かんかけい)にかかるロープウェイの吊革。
コンパクトにまとめることで景勝地を静かに支えている。



P1000416_20121202153120.jpg




大きな地図で見る
2012年08月25日 (土) | 編集 |
P1050940.jpg

色:白、ベルト部分はグレー
形状:五角形
長さ:とても長い
状態:普通
付記:前回の黒部ケーブルカーを降り続いてロープウェイです。
とても長いのが特徴。これだけ長いと大きく振れてしまう可能性があり電車などではめったに見かけませんが、ロープウェイは落ち着いていました。
ケーブルカー同様あまり使用されていませんでした。


P1050921.jpg



P1050904.jpg

中央に見えるロープウェイ

P1050935.jpg

乗り場

P1050938.jpg

P1050939.jpg



P1050941.jpg

P1050942.jpg

P1050944.jpg

ミカミ2

P1050946.jpg

P1050947.jpg


P1060194.jpg

P1060200.jpg

P1060203.jpg

P1050952.jpg
中からの景色

P1060186.jpg





■地図

大きな地図で見る


■参考資料
立山ロープウェイ | のりものガイド | 交通・運賃・時刻表 | 立山黒部アルペンルート オフィシャルガイド
公式サイト
アルペンルートの乗り物と料金|黒部ダムオフィシャルサイト
公式サイト
立山ロープウェイ - YouTube
外観や中からの動画

2012年07月28日 (土) | 編集 |
P1050883.jpg


色:白、ベルト部分はベージュ
形状:三角
長さ:短い
状態:普通
付記:車体が斜面にあわせて作られているため、車内も階段状となっています。
その分通常に比べてバランスが取りづらい。つまり吊革大活躍!(あまり使われてませんでしたが)
白系でまとめ、広告もなくとてもシンプルで美しい吊革です。
車内がくくすんだオレンジ色をしているので、余計に白い吊革が浮き立つように感じます。

ケーブルカーへは黒部ダム上を歩いて渡ります。

P1050864.jpg

黒部ダムを歩きながら撮影

P1050867.jpg

たまった水の上に雪がかぶってます

P1050877.jpg

ケーブルカーの外観

P1050879.jpg

外観2

P1050882.jpg

少し小柄なベルト


P1050884.jpg


P1050887.jpg

P1050890.jpg

比較的ゆとりのある設置


P1050896.jpg

終点からの景色

ここからロープウェーに乗りさらに上を目指します。


■地図

大きな地図で見る


■参考資料
立山黒部貫光(ケーブルカーに乗ろう!)
写真、レポート
黒部ケーブルカー | のりものガイド | 交通・運賃・時刻表 | 立山黒部アルペンルート オフィシャルガイド
公式サイト
アルペンルートの乗り物と料金|黒部ダムオフィシャルサイト
公式サイト
黒部ケーブルカー - YouTube
外観や中からの動画
2012年04月09日 (月) | 編集 |
P1000414.jpg

色:薄茶と白
形状:丸
長さ:短い
状態:年季が入っている
付記:日本三大渓谷美の一つ寒霞渓(かんかけい)を眺めることができるとても贅沢な吊革。




大きな地図で見る


「T」の刻印があります。どこのメーカーなのでしょうか。

P1000416.jpg


寒懸渓ロープウェイ
2010年01月09日 (土) | 編集 |
P1040275.jpg

色:白と茶
形状:三角
長さ:短い
状態:綺麗
付記:四国八十八箇所中に出会った逸品。太龍寺ロープウェイです。
2台のロープウェイが稼動しており、一方にしか吊革は見られませんでした。
都営大江戸線と同じ形です。



P1040272.jpg
一方に4本しかありません。
かつてこれほどゆとりを持った吊革の間隔があったでしょうか。



P1040269.jpg
後光


P1040268.jpg
2台あるうちの1つ



P1040251.jpg
ロープウェイからの眺め



P1040253.jpg
ロープウェイからの眺めその2
乗っている間土地に関するお話が聞けます。




P1040267.jpg
ロープウェイを降りると駅舎があります。
お土産充実。


P1040257.jpg
駅舎を出ると入り口。



P1040262.jpg




P1040260.jpg

本堂



P1040259.jpg
ピンと張り詰めた空気




P1040246.jpg
もう1台のロープウェイ


P1040247.jpg
こちらは吊革がなくバーです。





P1040249.jpg
天井にははしご



P1040277.jpg

帰りの景色。
普通に怖いです。




P1040280.jpg
駐車場





P1040266.jpg


感謝の気持ち。


参考
太龍寺ロープウェイ

2009年08月15日 (土) | 編集 |
RIMG0431.jpg

色:茶・黒
形状:紐状
長さ:普通
状態:普通
付記:友人Sさんからいただきました。
ついに!つり革探訪もアフリカ大陸上陸です。
微妙に長さが違ったり、簡単に位置をかえることができる
その自由奔放っぷりはまさにヴァスコ・ダ・ガマの大航海を思わせます。
いや、さすがに思わせませんが、それ程の感動を与えてくれます。
Sさん曰く、革製とのこと。実に世界は広い。



RIMG0430.jpg

Sさんありがとうございました。

参考
【NAMBOO AFRICA】ジンバブエのビクトリアの滝、南アフリカの喜望峰、ボツワナのチョベ国立公園の写真
Sさんの旅行記
2007年01月04日 (木) | 編集 |
DSC03353.jpg

色:黒
形状:球
長さ:普通
状態:普通
付記:非ワッカ型。国内ではワッカ型が圧倒的シェアをほこっているが、非ワッカ型の存在感も無視できない。登山目的の友人にとっては予想外なポイントでハシャグ自分の姿はさぞ滑稽に写ったことだろう。

DSC03354.jpg

外の景色も素敵だけれど、乗り物内の景色も素敵。
DSC03355.jpg

DSC03357.jpg

DSC03358.jpg

DSC03359.jpg

DSC03349.jpg

フニテル
DSC03467.jpg

駅舎
DSC03462.jpg

遠くから。


参考
谷川岳ロープウェイ
谷川岳 - Wikipedia




2006年05月21日 (日) | 編集 |
0010.jpg

色:ベージュ
形状:丸
長さ:長い
状態:普通
付記:ぶらん、ぶら~ん。


0009.jpg



060506-1340.jpg

いざ山頂へ





0011.jpg

展望台から札幌市街を見下ろす
藻岩山ロープウェイ